男性Youtuber

おろちんゆーの顔が特定された!?年齢は20代でおーちゃんと同一人物との噂も?

おろちんゆーの顔画像

おろちんゆーは外で捕まえてきた魚や虫、蛇などを調理して食べるのが人気のYouTuberです。

アニメのナルトに出てくる「大蛇丸」というキャラクターの声真似をしているのが特徴的ですが、そのプロフィールは謎に包まれたままです。

そこで、この記事ではおろちんゆーの顔や年齢などをまとめました。

また、「おーちゃん」というYoutuberと同一人物との噂も立っているので、その真偽についても紹介していきます!




おろちんゆーの顔が特定された!?

おろちんゆーは素顔を出さずに活動しているYouTuberです。

以前、「登録者数10万人いったら顔出ししようかしら」とツイッターでつぶやいていましたが、すでに登録者数は30万人を超えています。

すごい人気ですね。

おろちんゆーの顔

また、登録者数が20万人を突破したときも歌っているだけで、顔出しはしていませんでした。

ツイッターで、「顔出しせずにYouTubeやれるなんてお得よね♡」と言っているので、今後顔出しする予定はないのかもしれませんね。

その他におろちんゆーの顔の手がかりになるものはないかと、YouTubeの動画を調べました。

しかし、バイクのミラーやスマホの画面など、顔が映りそうなものでも、全く映っていないので、顔出しに関しては相当気を付けているのだと思います。

絶対に顔は映りたくないのですね。

いつか気が変わって顔出しする日を期待しています。




おろちんゆーの年齢は20代?

おろちんゆーは何歳なのでしょうか?

年齢は非公開となっていますが、2020年9月30日におろちんゆーが実家に帰省した動画で、年齢の手がかりを発見しました。

こちらの動画では、おろちんゆーの飼い猫が紹介されています。

この猫ちゃんは、おろちんゆーが小学校3年生のときに拾ってきたそうで、2020年の時点で13歳だそうです。

小学校3年生は8歳か9歳ですので、そこから13年経過していることから、おろちんゆーは2021年5月時点で、23~24歳くらいではないでしょうか。

また、おろちんゆーの顔は動画に映っていませんが、手はよく映っています。

おろちんゆーの手

手の感じはかなりつるんとしていてシワがなく、若そうな手ですね。

この手の若さからも、おろちんゆーはやはり20代前半〜中盤あたりの年齢が妥当でしょう。

また、過去に動画で何度か長い期間実家に帰っている動画があったので、もしかしたら大学4年生あたりなのかもしれないです。




「おろちんゆー」は『おーちゃんねる』の「おーちゃん」と同一人物との噂

おろちんゆーは実家の近くで捕れた魚や虫を調理して食べるYouTuberです。

そして「おーちゃんねる」という人気チャンネルのおーちゃんも、おろちんゆーと同じように昆虫を食べたり、釣った魚をさばいて食べたりする生物系YouTuberです。

昆虫を食べるところや、虫についた寄生虫について解説するところ、釣った魚をさばいて食べるところはおろちんゆーのYouTube動画と似ています。

違うところはおーちゃんは生き物を観察する動画が多いということです。

スズメバチの中にカマキリを入れたらどうなるか、スズメバチの毒針を抜いたらどうなるか、などの観察系の動画も多いです。

 

その一方でおろちんゆーの動画は捕獲して食べることをメインとしています。

結論を言うと、動画の内容は似ているところがありますが、おそらく違う人物だと思います。

お二人ともやはり顔が映っていませんので何とも言えませんが、おーちゃんの手を見てみましょう。

おーちゃんの手

手に深いしわが刻まれているのが確認できます。

おろちんゆーの手と比べると年上に見えます。

おろちんゆーの手

おろちんゆーはもっとつるっとした手ですので、違う人物なのではないでしょうか。

それに、「おろちんゆー」も「おーちゃん」もこれだけたくさんの動画をアップしながら2つのアカウントを持つことは難しいと思います。

よって、似たようなテイストの動画をアップする別人だと推測しました!




まとめ

  • おろちんゆーの顔は非公開。
  • おろちんゆーの年齢23歳か24歳くらい。
  • 「おろちんゆー」と「おーちゃん」は別人

これからも「おろちんゆー」がどんな虫や魚を捕まえて食べるのか、とても興味があります。

昆虫を食べるなんて気持ち悪いと思う方も結構いるかもしれませんが、私たちも見えないところで豚や牛、魚などを殺して食べています。

 

そんなことを分からせてくれる動画だと思いました。

おろちんゆーは生き物を食べるときに「命に感謝!」と言って食べます。

私たちもこの精神を見習わなければいけませんね!